EINS WAVE of Everything

いつでも、どこでも、お客さまに

クラウド・ネットワーク・EDI・セキュリティを中心に、お客さまにとって最適なIT環境をワンストップで提供します。

クラウドサービス EINS/MCS

【EINS/MCS】for Azure

月額料金でマイクロソフトの「Microsoft Azure」が使えるサービス

パブリッククラウド「Microsoft Azure」のサービスのうち、サーバ、ストレージ、ネットワークといったIaaSサービスを、当社の閉域ネットワーク経由で利用できるサービスです。管理者向け基本運用サポートをリーズナブルな料金に設定しているのが特徴です。 インテックのクラウドサービスと併用することでマルチクラウド環境を構築することができ、パブリッククラウドとプライベートクラウドの良さを兼ね備えた、より柔軟なITインフラを構築することができます。

1

機能・特長

使用量に応じた月額請求

EINS/MCS for Azureでは、お客さまとインテック間でサービス利用契約を締結します。サービス利用料は、サーバ、ストレージ、ネットワークの使用量に応じた月額請求となります。

使用量に応じた月額請求

リーズナブルなサポートサービス

EINS/MCS for Azureでは、利用するライセンス費に応じたリーズナブルな料金で基本運用サポートを提供します(24時間365日メールで受付、平日9~17時に対応)。
インテックが一次受付・回答し、当社のナレッジにないものは、マイクロソフトへエスカレーションして解決を図ります。以下の内容で障害内容の一次切り分けを実施します。
・Azure側の障害か否かを切り分け
・Azure側の障害の場合、お客さまに代わってMicrosoft社へ状況照会を実施
・Azure側の障害ではない場合、障害対応を終了

リーズナブルなサポートサービス

インテックのクラウドサービスと併用したマルチクラウド環境の構築

EINS/MCS for AzureやEINS/MCS まかせてOffice365と、インテックのクラウドサービスであるEINS/SPSシリーズ、EINS/VDC、EINS/BRSなどを併用することで、パブリッククラウドとプライベートクラウドの良さを兼ね備えたマルチクラウド環境を構築することができます。

インテックのクラウドサービスと併用したマルチクラウド環境の構築

2

利用シーン

  • クラウドアプリへの認証を包括的に管理したい

    クラウドアプリへの認証を包括的に管理したい

    SaaSのクラウドサービスを活用する際には、複数のIDを管理する必要が生じます。EINS/MCS for Azureにより、AzureをプラットフォームとしてActive Directory連携を行うことで、自社環境とクラウドサービス間の効率的で安全なID/アクセス管理が可能になります。例えば、Office 365とクラウドセキュリティサービスの「HDE One」を利用するといった場合に適用できます。

  • 外出先や海外からのデータ活用を促進させたい

    外出先や海外からのデータ活用を促進させたい

    ビジネスのスピード化やグローバル化に伴い、社内だけでなく外出先や海外からも自社データにアクセスする必要が高まっています。インテックのEINS/SPSシリーズやデータセンターサービスのEINS/VDCを基幹システムや業務システムのインフラとして利用し、Active DirectoryやOffice365、データ分析、グローバル対応はEINS/MCS for Azureを介してAzureを利用することで、効率的なインフラ基盤が構築できます。

3

よく一緒に使われるサービス

データセンターEINS/VDC

DataCenter