EINS WAVE of Everything

いつでも、どこでも、お客さまに

クラウド・ネットワーク・EDI・セキュリティを中心に、お客さまにとって最適なIT環境をワンストップで提供します。

ID統合管理ソリューション EINS/IAM

束人

IDのライフサイクルを管理するID統合システム

ID統合システム「束人」(そくと)は、ID同期システム「結人」の同期機能に加え、ワークフロー、ユーザ情報の履歴管理、システムごとのID棚卸などの機能を有し、社内システム、SaaSを問わずID情報の一元管理を実現するソリューションです。

1

機能・特長

  • IDの棚卸が可能

    システム間のIDの差異を検出することが可能です。日々のメンテナンス作業などで「束人」とID管理対象システム間でIDの不整合が起きていないかなど、Web画面で素早く簡単に確認することができます。

  • Webブラウザからのユーザメンテナンスが可能

    人事DBにないユーザIDの登録やアプリケーションの利用申請、パスワードの変更といったID情報のメンテナンスを、Webのワークフローから申請・承認することができます。申請内容の重要度に応じた多段承認フローの設定や、管理者による申請の承認・申請の差戻しなども可能です。また、ワークフロー経由で管理者に承認された申請は、結人の同期機能によって即時に各システムに同期されます。

  • 期間を限定した権限の委譲が可能

    長期出張や休暇の際などの対応を考慮し、ワークフローの申請権限や承認権限などを、期間を限定して委譲することができます。

  • 代行ログイン機能

    システム利用者の権限に応じて、利用可能なシステムを束人のWeb画面上に表示します。束人のWeb画面から利用したいシステム名をクリックするだけで、ログインを完了できます。システム利用者の権限の割り当ては、束人のWeb画面上、または結人の自動連携のどちらからでも設定が可能です。

    ※ログイン代行が可能な連携先はForm認証で認証しているWebアプリケーションとなります。

  • 運用状況の見える化を実現

    ID情報の操作状況をリアルタイム表示できるため、操作履歴を容易に確認することができます。

    運用状況の見える化を実現
  • レポート機能

    ID情報の登録状態を表示できるため、報告書等の作成に便利です。

  • 運用に合わせたスケジューリングが可能

    データ量や実行タイミングなど、運用に合わせた連携のスケジューリングが可能です。

    運用に合わせたスケジューリングが可能
  • リアルタイム処理

    少量のデータを素早く処理したいときに有効です。例えば、パスワード変更の場合などに利用できます。

  • バッチ処理

    大量のデータを指定した時間で処理したいときに有効です。例えば、人事からのCSVなどの大量のデータ同期などに利用できます。

    • 動作環境

      • OS

        ・Windows server 2008 R2
        ・Windows server 2012 R2
        ・Red Hat Enterprise Linux 6(64ビット)

      • ミドルウェア

        ・Jave Runtime Environment
        ・Tomcat ※1
        ・MongoDB ※1、3
        ・RDBMS ※1、2

      • ブラウザ

        ・Internet Explorer 11以上
        ・Firefox
        ・Google Chrome

      • 推奨スペック

        ・CPU:Xeon(4コア)以上
        ・メモリ:4GB以上
        ・HDD:100GB以上

      ※1 インストーラに同梱しています(RDBMSはDerby)。

      ※2 処理の複雑性によっては高性能なRDBMSを推奨します。

      ※3 結人利用時は不要です。

      各ブラウザの最新バージョンが対象になります。
      詳細については、お問い合わせください。

2

利用シーン

  • 社内システムの問い合わせ窓口を一本化したい

    束人は、ID情報の登録・変更・削除や一括登録、パスワードリセット等、ID管理を行うための各種機能を標準で提供しています。ユーザは、システムごとにIDの利用申請やパスワード変更申請を行う必要がなくなり業務効率が向上します。また、システム管理者は、ID発行状況やアクセス権確認、パスワード忘れへの対応が減り、ユーザサポートにかかる負荷を軽減することができます。

  • IDの運用状況を見える化したい

    IDの運用状況をしたい

    束人は、IDの発行・承認履歴のログをデータ化しています。ID操作履歴をWeb画面からリアルタイムで確認することで、不正なIDをすぐに検知することが可能です。また、誰が、いつ、どの機能からID情報を変更したのかをレポートとして閲覧でき、IDやパスワードの配布状況を管理できるため、障害時の影響範囲、対応方法等が把握しやすくなります。例えば、外部監査で、退職者がシステムを利用していないことを証明するよう求められても、その根拠を迅速に提出することができます。