EINS WAVE of Everything

いつでも、どこでも、お客さまに

クラウド・ネットワーク・EDI・セキュリティを中心に、お客さまにとって最適なIT環境をワンストップで提供します。

セキュリティサービス EINS/SVA+、EINS/PKI+、EINS/ISS、EINS/MSS+

EINS/PKI+for Smart Device

簡単&リーズナブルに不正アクセスを防止する端末証明書発行サービス

電子証明書(端末認証用クライアント証明書)を発行するプライベート認証局サービスです。PCやスマートフォン等を利用して社内システムへアクセスする際に、企業がアクセスを認めたデバイスかどうかを判別します。 電子証明書によって企業内ネットワークへのアクセス認証を行うことで、私用スマートフォンなど許可されていない端末からの不正アクセスを防止できます。また、本サービスでは、アプリケーションやネットワークの利用制限など、社内セキュリティポリシーに準じた設定情報を端末に一括配信し適用することが可能)です。(iOSのみ対応) 「商談先でタブレットから安全に社内システムに接続し、在庫をチェックしたい」「スマートフォンから社内システムにログインする際、ID・パスワードだけの認証では不安だ」といったニーズをお持ちのお客さまにご利用いただいています。

1

機能・特長

ユーザに負荷をかけずに二要素認証を実現

ログイン時に、証明書を選択してタップ(PCはクリック)するだけの簡単操作が追加されるだけで、セキュリティーレベルを大幅に向上することが可能です。

多様なOS、デバイスに対応

iOS/Android/WindowsといったOSに対応しているため、スマートフォン・タブレット・PCといった異なる種類のデバイスも一括で管理できます。

証明書の有効期間が設定可能

証明書の有効期間は、認証局構築時にお客さまの運用にあわせて柔軟に設定が可能です。

安全な証明書発行を実現

証明書発行時に、発行要求を行ったデバイスの端末識別子を確認することで、発行対象外のデバイスへの誤発行を防止します。

Web APIで他のソリューションと連携可能

本サービスはWeb APIを公開しており、お客さまの社内システムとの連携を容易に実現します。また、インテックが提供するID管理製品(結人・束人)やMDM(モバイルデバイス管理製品)と連携することで、ID情報やデバイス情報を簡単に紐付けでき、運用管理の負担を軽減できます。

関連サービス

2

利用シーン

  • 私用端末からの社内ネットワークへの不正アクセスを防止

    外部のパートナー企業に社内システムからデータをダウンロードしてもらい業務効率を向上させたい場合、情報の漏えいを防ぐため、社内システムへのアクセスを許可した端末のみに限定することができます。ネットワークアクセスの端末認証に利用可能な電子証明書を、「発行時端末認証機能」により指定した端末のみに発行・インストールを可能にします。

    利用シーン

  • Webサイトへのアクセスを制御し、機密情報の漏えいを防止

    会員向けWebサイトを立ち上げ、会員以外からのアクセスを防ぎたい場合、あらかじめ会員の端末に電子証明書をインストールしておくことで、簡単に認証強化できます。万が一ユーザID・パスワードが流出した場合でも、電子証明書が入っていない端末からはアクセスできないため、Webサイト上の機密情報を不正アクセスから守ります。

  • MDMとの連携で、認証強化・端末管理を一元化

    端末の認証強化に加え、運用管理の負荷を軽減したいお客さま向けに、株式会社オプティムが提供するMDM(モバイルデバイス管理)・PC管理サービス「Optimal Biz」との連携ソリューションも提供しています。
    各端末への証明書配布をOptimal Biz経由で行うことで、認証強化と端末管理を一元化できます。

    連携ソリューション

3

導入事例

阪神調剤薬局ホールディング株式会社 様

お薬予約アプリ「しょほるん」を利用し、処方箋を薬局に事前に送信することで、待ち時間無しで薬を受け取ることが可能となりました。その一方で、インターネット上に処方箋という機密情報を置くことにセキュリティ上の不安がありました。調剤師が利用する処方箋確認専用の端末のみに電子証明書を入れることにより、対象の端末以外からの処方箋データの閲覧を防止しています。
(図 導入事例_阪神調剤薬局)

お薬予約アプリ「しょほるん」を利用し、処方箋を薬局に事前に送信することで、待ち時間無しで薬を受け取ることが可能となりました。その一方で、インターネット上に処方箋という機密情報を置くことにセキュリティ上の不安がありました。調剤師が利用する処方箋確認専用の端末のみに電子証明書を入れることにより、対象の端末以外からの処方箋データの閲覧を防止しています。
(図 導入事例_阪神調剤薬局)