EINS WAVE of Everything

いつでも、どこでも、お客さまに

クラウド・ネットワーク・EDI・セキュリティを中心に、お客さまにとって最適なIT環境をワンストップで提供します。

セキュリティサービス EINS/SVA+、EINS/PKI+、EINS/ISS、EINS/MSS+

パブリックWebサーバ証明書

Webサイトの情報漏えい対策に有効な電子証明書発行サービス

パブリックWebサーバ証明書をWebサーバに設定することで、Webサイトの実在性と本人性を証明し、Webサイトとブラウザ間のSSL暗号化通信を実現します。Webサイト所有者も証明書を導入することで、フィッシング詐欺による企業イメージダウン等の被害を防止することができます。 サイト閲覧者は、アドレスバーに表示される「https://」と鍵マークでサイトの実在性と、情報がSSL暗号化されていることを確認でき、安心してWebサイトを利用することができます。 「自社のWebサイトで安心して個人情報を入力してもらえる環境を準備したい」「フィッシングサイトによって組織の信用を損ねたくない」「複数台のサーバで冗長構成を組んでいるので電子証明書の運用コストを削減したい」といったお客様にご利用いただいています。

1

機能・特長

機能・特長

高いコストパフォーマンス

高品質なWebサーバ証明書を、年間33,250円(税抜)※1の低価格より提供します。

※1. 事例紹介プランで有効期間2年の証明書をご購入いただいた場合の1年あたりのライセンス価格

FQDNごとに1枚の証明書を発行

FQDN(ホスト名+ドメイン名)単位で証明書を発行します。2台以上の物理サーバでWebサイトを負荷分散する場合でも、FQDNが同一であれば1枚の証明書をコピーして 使用することができ、物理サーバ分のライセンスは必要ありません。そのため、電子証明書の運用コストを削減できます。

証明書の管理や追加・更新は「お客さま専用画面」で

お客さま専用画面から、ご利用中の証明書情報の閲覧・管理が可能です。また、証明書の発行申請は専用画面からの申請のみで、面倒な書類送付は不要です。

※ お客さまの法人登記、東京商工リサーチ(TSR)の登録内容、ドメイン所有組織等により、書類提出が必要な場合もあります。

マルチドメイン(オプション)で証明書の管理負荷を軽減

1つのWebサーバ証明書に複数のFQDN(ホスト名+ドメイン名)をご登録いただけます。(最大50URL)
1つのWebサーバ上で複数のWebサイトを運営する場合でも、1つのWebサーバ証明書でサイトの実在性確認、通信の暗号化が可能です。

2

利用シーン

  • Webサイトで社員採用のエントリーを受け付けたい!

    新卒社員採用情報やエントリーシートをWebサイトから受け付けることで、採用業務を効率化させることができます。しかし、個人情報を入力する必要があるため、応募者はその受付サイトが信頼できるものなのかを慎重に見極めようとします。
    Webサーバ証明書を導入し、アドレスバーに表示される「https://」と鍵マークを確認することで、安心して個人情報を入力することができるようになります。

3

よく一緒に使われるサービス

セキュリティサービスEINS/SVA+、EINS/PKI+、EINS/ISS、EINS/MSS+

SecurityService