【EINS/BRS】クラウド型バックアップサービス

概要

brs_01

インテックが有する最高レベルのファシリティを備えた東京、富山および大阪のデータセンターをベースに提供するクラウド型バックアップサービスです。
EINS/SPSやデータセンターサービスなどインテックのアウトソーシングサービスを利用しているお客さまはもちろん、お客さま自身のマシン室、他社データセンターなどで運用されているサーバのバックアップにも利用可能な柔軟なインターフェースを有しています。
本サービスでは IBM社の Tivoli Storage Manager (以下 TSM)をクラウドサービス事業者としては日本で初めて採用し、TSMプログレッシブ(永久増分)方式を始めとする高度なバックアップ機能によりバックアップ時のデータ転送量削減、きめ細かい世代管理、ファイル管理、差分管理、およびノードレプリケーション機能を使った遠隔地へのバックアップなどお客さまの利用目的に適したバックアップ運用が可能です。

利用シーン

brs_02

特長

POINT1:様々な利用形態に対応したクラウド型バックアップサービス

インテックのアウトソーシングサービスを利用中のシステムだけでなく、お客さま自社環境内にあるシステムからも利用可能なインターフェースを提供します。

POINT2:シンプルで分かりやすい料金体系

データ保管容量(100GB)単位の月額課金で利用いただけます。

POINT3:”障害”だけでなく”災害”対策にも使える

データ保管場所はティア4相当適合の高レベルファシリティを有するデータセンター内になります。
さらにロケーションとしては距離が離れた3つのデータセンターで提供しており、利用拠点の選択が可能です。
オプションサービスやインテックが提供するIaaS「EINS/SPS」を組合せることで、BC/DR対策までのカバレッジを実現します。

主な機能

お客さま主導のバックアップ/リカバリ

EINS/BRS では、お客さま主導のバックアップ/リカバリが可能なようにサービス設計しています。バックアップ処理の実行およびリカバリ作業は、お客さまが任意のタイミングで行うことができます。

brs_03

永久増分・データバックアップ機能

TSMの永久増分バックアップ方式を標準で採用しています。変更されたファイルまたは新規に作成されたファイルのみをバックアップし、それを永続的に行うため、バックアップ時のデータ転送量を削減することができます。

brs_04

重複排除機能

クライアントサイドでバックアップファイルを「チャンク」という単位で分割し、変更分のチャンクのみをバックアップするため、データ転送量を削減できるのと同時にストレージリソースを効率的に利用することができます。

brs_05

データベースAPI連携・データバックアップ機能

各DBMS製品(サポート対象はOracle,Microsoft SQL Server)と連携し、データ整合性を確保できる確実なデータバックアップを提供します。

EINS/BRSでは、月額利用の標準サービスを有効活用いただくため、プロフェッショナルサービス(設計構築支援)、コンサルティングサービス(DR計画立案)などのオプションメニューをご用意しています。

brs_06

お気軽にお問い合わせください 050-5827-2807お問い合せ

トップへ戻る