【S*Plex3】秘密分散ストレージサービス

概要

CSS-SPlex3_01

国内最高レベルの技術による超機密性・耐災害性クラウドストレージサービス

自社開発の消失訂正符号と秘密分散共有法を用いた超ハイセキュリティストレージテクノロジーをクラウドサービス化し、お預かりしたデータを全国の7ヶ所のデータセンターに地理分散することにより、超大規模災害からもデータを守る高度な災害対策を提供します。

利用シーン

クライアントソフト利用

自社の被災による業務停止を想定し、業務再開のためのデータ保全を目的とした遠隔バックアップとして利用。
7ヶ所のデータセンターに格納したデータのうち、2ヶ所分に相当するデータが完全に失われたとしても、残りのデータに付加した符号を計算することで、元のデータを100%復元できます。

CSS-SPlex3_02

連携NASアプライアンス利用

様々なお客さま環境からNASを経由し、簡単にSPlex3の秘密分散ストレージに接続することができます。

CSS-SPlex3_03

特長

1.7ヶ所のデータセンターに格納したデータのうち、2ヶ所分に相当するデータが失われたとしても、
残りのデータに付加した符号を計算することで、元のデータを100%復元可能

■ 東日本大震災クラスの災害や大規模なシステム障害等からデータを守ることができる
■ データセンター単位の火災や給電トラブル等があってもデータを使い続けることができる

2.ストレージ内部でデータを粉々の断片に分割し、無意味化して保存

■ HDD等が物理的に盗難にあったとしても、元のデータに復元、類推することは事実上不可能
■ データは分割し無効化された時点で“情報”ではなくなるため、個人情報等の保管に極めて有効

3.データは断片化に加え2重の暗号化を施すことで、データを預かるサービス事業者自体も、
お客さまデータに一切アクセスが不可

■ クラウドサービス事業者の管理者によるデータ漏洩を技術的にプロテクト

動作環境

CSS-SPlex3_04

お気軽にお問い合わせください 050-5827-2807お問い合せ

トップへ戻る