EINS WAVE of Everything

いつでも、どこでも、お客さまに

クラウド・ネットワーク・EDI・セキュリティを中心に、お客さまにとって最適なIT環境をワンストップで提供します。

セキュリティサービス EINS/SVA+、EINS/PKI+、EINS/ISS、EINS/MSS+

EINS/MSS+

IDS/IPS監視からアラート通知までワンストップで提供する不正アクセス監視サービス

セキュリティアナリストが常駐する監視センターで、お客さまのネットワークに対する外部攻撃や不正アクセスを監視します。24時間体制で不正アクセス監視・解析・通知までをワンストップで提供します。 イベントログが発生すると、お客さまシステムに導入されているIPSおよびファイアウォールのログをリアルタイムで収集、SOCへ転送します。これに相関分析エンジンを活用して多角的に分析し、4段階の重みづけを行います。その後危険度に応じてあらかじめ決められた連絡方法にしたがってお客さまへ連絡を行います。 また、IPSが検知したイベントや報告書の内容に対して、電話またはメールにてサポートを受けることができます。さらに月次レポートなどの提供も行います。 オプションサービスとして、脆弱性情報の提供や脆弱性スキャンがあります。

1

機能・特長

攻撃の解析、危険度の判定

SOCから通知されるアラートは内容により4つに分類されます。EINS/MSS+の運用では、SOCアナリストがハンドリングして、連絡が必要と判断したものに関して、あらかじめ決められた連絡方法にしたがって連絡を行います。

脆弱性情報の提供

主要なOS、ミドルウェア(サーバアプリケーション)の脆弱性を収集し、リモートから攻撃を受ける可能性が高い脆弱性について、お客さまにメールにてご連絡します。

※通知対象は主要な製品に限定しています。お客さまがシステムで使用されているすべての製品が対象となっておりません。あらかじめご了承ください。

脆弱性スキャン

インターネットに公開しているサーバに対して、簡易脆弱性スキャンを定期的に実施します。

2

利用シーン

  • セキュリティ対策コストの削減と最適化を行いたい

    ランサムウェアなど昨今のサイバー攻撃は多様化、高度化しています。これらの被害を防ぐには、24時間体制の監視による素早い検知、対応が欠かせません。しかしこれを社内リソースのみで実現しようとすると、コストや人員確保の面でクリアできない課題が立ちふさがります。本サービスでは、24時間体制で不正アクセス監視・解析・通知を行うため、セキュリティ人材が不足している企業でも、迅速にハイレベルな安全確保を実現できます。