サービス

セキュリティサービス

EINS/SVA+

アインス エスヴイエー+

セキュリティアナリストによる脆弱性診断サービス

こんな方から選ばれています
  • 自社のセキュリティを第三者に診断してもらいたい
  • 短時間・低コストで必要な対策を把握したい
  • Webサイト経由のなりすましや不正ログインの対策をしたい
  • 社内設置のサーバやネットワーク機器のセキュリティを検査したい
セキュリティサービス
【EINS/SVA+
インテックがお客さまのインフラからWebアプリまで
脆弱性を検査・診断します

診断イメージ

診断対象範囲の選択
診断対象範囲の選択
OS・ミドルウェア、Webアプリケーション
スキャン結果解析
スキャン結果解析
検査ツールとセキュリティアナリストによるマニュアル検査
診断報告
診断報告会
診断結果報告書を基に、セキュリティアナリストによる診断報告会を実施

お客さまに合わせた診断範囲を選定し、セキュリティアナリストによる診断報告会を実施。お客さまのセキュリティ対策状況を可視化し、今後の対策も支援します。

サービス提供開始より20年来、ITインフラの脆弱性診断を行ってきたインテックが、お客さまのWebアプリケーションやネットワークの脆弱性の検査・診断を行います。情報漏えいや、サービス停止につながるような弱点を診断し、効果的な対応策を提案します。

業界・業種・規模を問わず、豊富な実績!継続的に定期診断サービスをご利用いただいているお客さまも多数いらっしゃいます。

  • 金融金融
  • 情報・通信情報・通信
  • 製造・サービス製造・サービス
  • 食品・飲料食品・飲料
  • 医療医療
  • 官公庁官公庁
※一部抜粋

02機能・特長

Webとネットワークに対する診断サービス

Webとネットワークに対する診断サービス

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどのWebに対する攻撃や、メール不正中継や管理者権限奪取などのネットワークに対する攻撃に対しても、セキュリティアナリストのマニュアル検査による確認を行います。

検査精度

検査ツールで検出された結果をそのまま報告するのではなく、必ずセキュリティアナリストのマニュアル検査による確認を行います。このことで、誤検知などの情報を排除し、お客さまにとって必要な検査結果のみを報告することができます。

脆弱性検出率

検査ツールのみでは検出が難しいとされる検査項目について、事前ヒアリングの内容などを反映したセキュリティアナリストによるマニュアル検査を行うことで、お客さまシステム特有の脆弱性を検出します。

インフラ環境を踏まえた検査・報告

セキュリティサービス専門ベンダーではなく、SIerであるインテックとしてアウトソーシングサービス等で培ったシステム構築/運用等のノウハウも駆使し、多角的な検査・分析を行います。

03利用シーン

Webアプリケーション公開前に脆弱性がないかチェックしたい

Webアプリケーション公開前に、攻撃者に悪用される脆弱性(SQLインジェクションによる情報漏えいや、他人になりすましてアクセスされる、など)が存在しないことを確認できます。
Webアプリケーション公開前に脆弱性への対策を行うことで、情報漏えい等のセキュリティ事故を未然に防ぐことが可能です。

定期的なセキュリティチェックと、対策レベルが低下しないための
継続的なアクションを効率的に行いたい

日々変化する環境に対して、定期的に診断を行うことで現状のセキュリティ状態を把握するのと同時に、それに対する明確な対応策を検討することができます。

お問い合わせ

お問い合わせ、
資料請求はお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ 050-5827-2807 050-5827-2807 営業時間:月~金/9:00~17:45
(祝日、当社休日を除く)