ニュース

ONLINE

次々に進化する電帳法にどう追従していくべきか?
成功事例から学ぶ「今やるべき電帳法対応」セミナー

1998年の施行より現場のニーズに合わせて改正を繰り返してきている電子帳簿保存法。直近10月には電子取引の保存措置も緩和され、対象範囲が拡大する一方で、これから対応を検討する企業にとっては「どこから始めて良いのか分からない」という声も聞こえてきます。
本セミナーでは、10月に施行された改正10条(電子取引の保存要件緩和)の解説とそれを実現するシステムの選定ポイントをお伝えするとともに、法対応の実現がかなり現実的になってきた国税関係書類のペーパレス化に対応した企業の成功事例と新たに発生した課題をもとに、今取り組むべき電帳法対応について解説いたします。
財務経理部様、総務部様、情報システム部様などで、経費精算業務の効率化を検討している方、ペーパレス化を推進されている方におかれましては、ぜひご参加ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【開催概要】

セミナー名 次々に進化する電帳法にどう追従していくべきか?
成功事例から学ぶ「今やるべき電帳法対応」セミナー
日時 2021年1月28日(木)14:00~15:00(受付開始 13:50)
主催 TIS株式会社
株式会社インテック
対象

財務経理部、総務部、情報システム部等で経費精算業務の効率化を検討している方

社内のペーパレス化を推進されている方

会場 オンライン Web セミナー(Zoom)
参加費 無料(事前登録制)

【講演概要】

講演 TIS株式会社
サービス事業統括本部 エンタープライズ営業企画ユニット
エンタープライズビジネス企画部 Spendia推進室

株式会社インテック
ネットワーク&アウトソーシング事業本部 クラウドプロダクトサービス部

プログラム

次々に進化する電帳法にどう追従していくべきか?成功事例から学ぶ「今やるべき電帳法対応」セミナー

■ 

改正10条対応のシステム選定要件と「経費精算システム×電子帳票保存システム」を活用したテレワーク環境での領収書スキャナ保存運用の成功事例ご紹介

■ 

ペーパレスのスモールスタートを実現!電子帳票システム「快速サーチャーGX クラウド」のご紹介

■ 

Q&A

お申込みにあたってのご注意事項とお願い】をご確認いただき、ご同意の上でお申し込みくださいますようお願いいたします。

※ご不明点、ご質問は弊社営業担当者もしくは下記メールアドレスにお問合わせ願います。
 <お問合せ先> no_seminar@intec.co.jp

※セミナー講演内容・展示内容を予告なく変更させていただく可能性がございます。予めご了承ください。

お申込みにあたってのご注意事項とお願い

◇お客様情報(個人情報)のお取り扱いについて
 株式会社インテック(以下、弊社)の「個人情報保護方針」、「個人情報の取り扱いについて」をご確認いただき、ご同意の上でお申し込みいただけますようお願いいたします。ご記入いただいた個人情報は、弊社の個人情報保護方針に基づき適切に管理いたします。

■弊社の個人情報保護方針について:
https://www.intec.co.jp/privacypolicy/

■弊社の個人情報の取扱いについて:
https://www.intec.co.jp/privacypolicy/handle.html

◇Zoomの利用について
 本セミナーは、Zoomウェビナー機能で配信します。以下内容をご確認いただき、ご同意の上お申し込みいただけますようお願いいたします。

・オンライン配信内容の録画、録音、撮影についてはお断りいたします。
・本ウェビナ―の無断での記事配信はお断りいたします。
・映像や音声が乱れる場合もございます。あらかじめご了承ください。
・ウェビナーの進行具合によって、終了時刻が前後する場合がございます。

 
◇注意事項とお願い
・競合企業や同業他社の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
・フリーアドレス(Gmail、Yahooメール等)での参加お申し込みはお受けいたしかねますので、所属企業のアドレスにてお申し込みをお願いします。
・企業名とメールアドレスのドメインが一致しない場合にはご参加をお断りさせていただいております。
企業名と一致するメールアドレスにてお申込みをお願いします。

CONTACT

お問い合わせ
資料請求はこちら