東京第1DC(EINS/VDC 東京DC)

災害に強い堅牢なファシリティを備えたデータセンター

1.所在地

LOCATION

アクセスしやすい東京都内に位置する、総床面積約140,000㎡の高機能データセンターです。災害に強い堅牢なファシリティ、高い電源供給能力を備え、拡張性と集積性に優れています。

2.特長

ADVANTAGE

耐震性

東京都内に位置し、アクセスしやすいロケーションです。東京都による『地震に関する地域危険度測定調査報告書(第7回)』で最も安全な地域に指定されており、活断層もない立地です。中間免震構造の震度6強の地震でも耐える設計で、構造補修なく継続利用が可能です。

電源設備

電源の供給元は、最新設備で構成された都心向けの大型地下変電所です。本線+予備線+予備電源線の3回線で受電し、CVCFの待機冗長構成により、安定した電源の供給が可能です。

消火設備

イナージェンガスを使用し、環境、人、サーバへの影響に配慮しています。

通信設備

複数経路(地下洞道)の引き込み、館内冗長化が可能です。特定通信事業者に依存しないキャリアフリーを採用しています。

セキュリティ

共連れ防止セキュリティゲート、ICカードリーダ、生体認証装置などを設置しています。

運用・監視

当社独自開発による運用・監視システムにより、首都圏と北陸の運用センターに完全二重化した運用システムと体制を構築し、一方のセンターが被災しても「止まらない運用」を実現可能です。

3.関連記事

RELATED ARTICLE

※2019年11月1日に EINS/VDC 東京DC は「東京第1DC」へ名称を変更しています。

CONTACT

お問い合わせ
資料請求はこちら