東京第1DC(EINS/VDC 東京DC)

災害に強い堅牢なファシリティを備えたデータセンター

1.特長

FEATURES

アクセス性に優れた東京都内に位置する、世界的にも最大級の高機能データセンターです。災害に強い堅牢なファシリティを備え、拡張性と集積性に優れています。

①アクセス至便なロケーション

・東京都23区内、最寄り駅から徒歩1分圏内に位置する絶好のロケーション(東京駅より公共交通機関を利用した場合、所要時間は30分以内)
・迅速に駆けつけ可能な都市型データセンター
・複数ルートでの来館が可能

②災害に強い安心のファシリティ

・受電設備は、本線/予備線に加え、異変電所から予備電源線の3回線構成
・耐震構造と免振構造を備えたハイブリット構造
・東京都による「地震に関する地域危険度測定調査報告書(第7回)」で最も危険性が少ない地域に立地

③ニーズに合わせた柔軟なサービス提供

・Amazon Web Services(AWS)、Microsft Azure、Google Cloud Platform(GCP)、IBM Cloudの各ダイレクト接続ポイントと構内配線(光ファイバー)にて1Gbps以上の広帯域接続が可能
・他データセンター、インターネット、クラウド等、多彩なネットワーク接続をご提供

2.所在地

LOCATION

東京23区内、最寄り駅から徒歩1分圏内に位置する、総床面積約140,000㎡の高機能データセンターです。

3.サービス / 設備

SERVICE / FACILITY

地震対策

東京都による『地震に関する地域危険度測定調査報告書(第7回)』で最も安全な地域に指定されており、活断層もない立地です。

<地震>
震度6強の地震に対して、ビル構造としての耐震性はもちろん、IT機器を正常稼働させることを目的として設計された免振ビル(中間免振構造)
中間免振構造: B1~3F:耐震構造
4F~9F:免振構造

<液状化>
液状化による地圧を受けても耐えうる構造設計

浸水対策

1階のフロアレベルを海抜8mとし、内閣府の中央防災会議にて想定された津波最高値(4m)および、東京都港湾局にて想定された最高潮位(5.9m)より高く設定

電源設備

電源の供給元は、最新設備で構成された都心向けの大型地下変電所です。本線+予備線+予備電源線の3回線で受電し、CVCFの待機冗長構成により、安定した電源の供給が可能です。

本線/予備線と予備電源線(異変電所)の特別高圧3回線で受電 非常用発電機(N構成)/燃料備蓄24時間分(近隣油槽所に追加24時間分を確保) UPS(N+1構成)/10分以上給電可

防災(消火)設備

イナージェンガスを使用し、環境、人、サーバへの影響に配慮しています。

超高感度煙感知システムの設置 不活性ガスによる自動消火設備

空調設備

水冷空調設備(N+1構成) 空調機冷却用の水(3℃)を5,000t(3日分)備蓄

セキュリティ

共連れ防止セキュリティゲート、ICカードリーダ、生体認証装置などを設置しています。

ブロック単位、マシン室単位での入室制限 生体認証による入退管理、共連れ防止ゲートの設置 データセンター出入口は24時間365日の有人監視

マシンルーム

スラブ耐荷重:1,000kg / ㎡ フリーアクセス 床下:60cm 床上:4.6m

通信設備

複数経路(地下洞道)の引き込み、館内冗長化が可能です。特定通信事業者に依存しないキャリアフリーを採用しています。

設備設計

お客様の個別要件にお応えする柔軟性のある設計設備です。

お客様持込ラックの設置が可能 ケージで囲ったお客様占有エリアのご提供が可能(個別ブレーカー分岐盤・個別セキュリティ)

省エネ/環境配慮

環境保護のための省エネ策を実施しています。

館内LED照明/人感センサー 超高効率トランス 温度センサーによる空調自動制御 高効率型空調パッケージ 長寿命型バッテリー 自然光採光 蓄熱層の活用

運用・監視

当社独自開発による運用・監視システムにより、首都圏と北陸の運用センターに完全二重化した運用システムと体制を構築し、一方のセンターが被災しても「止まらない運用」を実現可能です。

認定資格

ISMS(ISO/IEC27001)、ITSMS(ISO/IEC20000-1)
登録組織: ネットワーク&アウトソーシング事業本部
(AOSセンター AOS管理課、AOS運用課を除く)
登録範囲: ネットワーク及びアウトソーシングサービスの構築と運用並びに営業
上記は2019年10月1日現在の情報です。
ISMSクラウドセキュリティ認証(ISO/IEC27017)
登録組織: ネットワーク&アウトソーシング事業本部
DCサービス事業部 首都圏DCサービス部 マネージドサービス課
クラウドサービス事業部 クラウドサービス部
登録範囲: クラウドサービス(EINS/SPS Managed、EINS/SPS SelfPortal)の構築と運用
上記は2019年10月1日現在の情報です。 2019年11月にEINS/SPS Managedはマネージド型クラウドサービスに、EINS/SPS SelfPortalはセルフサービス型クラウドサービスに名称変更しています。
プライバシーマーク

データセンターの設備やスペックを詳しく知りたい方はカタログをダウンロード

資料ダウンロードページへ

4.関連記事

RELATED ARTICLE

※2019年11月1日に EINS/VDC 東京DC は「東京第1DC」へ名称を変更しています。

CONTACT

お問い合わせ
資料請求はこちら