セルフサービス型クラウドサービス(EINS/SPS SelfPortal)(SHARED SERVER Service -TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service)

自由度と国産クラウドならではの安心感を兼ね備えたセルフサービス型クラウドサービス

1.こんな方から選ばれています

SOLUTIONS

  • 自社で構築や設定変更をタイムリーかつ柔軟に行いたい
  • インターネットビジネス向けサービスを探している
  • 予算管理のしやすい、月額パック料金でのサービスを探している
  • わかりやすいコントロールパネルで操作したい
einswaveで解決
  • セルフサービス型クラウドサービス
    (EINS/SPS SelfPortal)
    (SHARED SERVER Service -TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service)

シンプルな料金体系で頻繁な構成変更やリソース増減が可能

ネットワーク、サーバ、ストレージといった環境を自由に構築できる企業向けパブリッククラウドサービスです。TISインテックグループの堅牢なデータセンター上に配備され、インターネット経由で利用できるコントロールパネルを提供します。開発/検証環境、社内システムなど社内利用だけでなく、インターネットビジネス用途にもご利用いただけます。

2.特長

ADVANTAGE

独自開発のコントロールパネルから、タイムリーかつ柔軟にリソース管理

クラウドコントローラーにはCitrix Systems社のCloudPlatform(CloudStack)を採用。インテックが独自に開発したコントロールパネルは、わかりやすさと操作性にこだわり、インフラエンジニアだけでなくアプリケーションエンジニアでも簡単にインフラの構成管理ができます。
コントロールパネルから、すべての基盤構成を制御でき、サーバだけでなくファイアウォールやロードバランサなどのネットワーク機器もお客様自身で設定・変更できます。また、サーバのCPU・メモリ・ディスクなどをモニタリングしグラフ表示する機能も提供します。

複雑なネットワーク構成も構築できるVPC機能(仮想プライベートクラウド)

セルフサービス型クラウドサービスと、マネージド型クラウドサービス、TISインテックグループのデータセンター内におけるハウジング環境、お客様サイトなどを安全で高速なネットワーク経由で接続することができます。これにより、企業システム向けの複雑なネットワーク構成も構築できます。

CloudStack互換のAPIを提供

CloudStack互換のAPIを提供します。サーバの起動・停止/追加・削除、ルータやファイアウォールの設定などの操作をプログラムで記述して自動化することが可能です。

予算化しやすいシンプルな料金体系

お客様が予算化しやすい「リソースパック型月額課金」方式を採用しています。ITインフラに必要な機能がリソースパックメニューにすべて含まれており、契約リソースの追加もコントロールパネルからオンラインで実行できます。

3.利用シーン

SCENE

  • スタートアップ企業のため、短いスパンでトライ&エラーに利用できる環境が欲しい。

オンラインで手軽にリソースの増減が可能
セルフサービス型クラウドサービスなら、状況に応じてオンラインからタイムリーかつ柔軟に環境構築やリソースの増減が可能。頻繁な構成変更や、繁忙期・事業の急拡大に合わせてリソースを無駄なく使うことで、コスト削減にも貢献します。

さらにEINS WAVEなら、こんな組み合わせでの導入も可能

セルフサービス型クラウドサービスを使用した
マルチクラウドの構成例

インターネットを介したサービスを提供しているお客様の例。拡張性と災害対策を実現するためセルフサービス型クラウドサービスとメガクラウドとを併用したマルチクラウド環境を構成されています。

4.サービスメニュー

SERVICE MENU

5.導入事例

CASE

6.よく一緒に使われるサービス

USED TOGETHER

7.関連記事

RELATED ARTICLE

※2019年11月1日に EINS/SPS SelfPortal と SHARED SERVER Service -TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service は「セルフサービス型クラウドサービス」へ名称を変更しています。

CONTACT

お問い合わせ
資料請求はこちら