ニュース

PRESS

インテック、Microsoftクラウドサービス接続を強化する「Microsoft Azure Peering Service」を提供開始

インテック、Microsoftクラウドサービス接続を強化する「Microsoft Azure Peering Service」を提供開始
~Microsoft 365を中心に、いつでも、どこでも安全・快適なワーク環境の実現~

TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、Microsoftクラウドサービス接続を強化する「Microsoft Azure Peering Service」を9月29日より提供開始します。

Microsoft Azure Peering Service」は、Microsoft 365やDynamics 365、Microsoft Azureなどで構成される、Microsoftクラウドサービスへの接続を強化する新しいネットワークサービスです。クラウドサービスからエンドユーザーまで、信頼性が高く、遅延の少ない最適化されたネットワーク接続を可能にします。
Microsoft 365をご利用中のお客様の「Microsoft Teamsを導入したが、テレビ会議の映像が止まってしまう」「Excelファイルの起動に時間がかかるようになった」といったインターネットの通信量の増加による課題を、Microsoftクラウドサービスへのダイレクト接続により解決します。

また、本サービスでは、単にダイレクト接続の手段を提供するだけではなく、お客様の企業内閉域ネットワーク(WAN)※1の現状分析と、ダイレクト接続を実施するために必要な設定変更などの立案を含むネットワークコンサルティングや、お客様のセキュリティポリシー、コンプライアンスに準拠するために必要な関連ソリューションを、インテックがワンストップで提供します。

※1 企業内閉域ネットワーク:ネットワーク事業者が提供する、インターネットを経由しない独自の接続サービスを利用して、企業内の事業所(本社 ⇔ 支社間)など地理的に離れた拠点のLANを相互に接続するネットワークのこと。※ Microsoft 365、Microsoft Teamsは、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。Microsoft 365、Microsoft Teamsは、Microsoft Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

記事全文はインテック公式サイトをご覧ください。
https://www.intec.co.jp/news/2020/0929_1.html

「Microsoft Azure Peering Service」の詳細はこちら:
https://www.einswave.jp/service/network_service/dcan/maps/

統合型閉域ネットワークサービスの詳細はこちら:
https://www.einswave.jp/service/network_service/dcan/

関連サービス

CONTACT

お問い合わせ
資料請求はこちら