Microsoft 365導入へのネットワーク対策

ネットワーク対策でパフォーマンスを改善、
快適な「Microsoft 365利用環境」を提供します
Microsoft Azure Peering Service

Microsoft 365
Microsoft Teams
社外からのアクセス急増
大量ユーザへの導入

「Microsoft 365導入後、こんな課題ありませんか?

  • Microsoft 365の導入後、社内ネットワークが遅くなっている
  • テレワークや在宅勤務でMicrosoft 365(特にMicrosoft Teams)の利用が増えている
  • 試験導入していたMicrosoft 365を全社展開する予定がある
  • ファイヤウォールやプロキシなどインターネット接続機器や帯域の増強を検討している
  • インターネットの接続ポイントが本社など1か所のみで、全社のトラフィックが集中している
  • Microsoft Teamsを積極活用し、オフィスや自宅問わず快適な環境で利用したい

※ 2020年4月22日(日本時間)に「Microsoft Office 365」は「Microsoft 365」 に名称変更しています。

どうしてMicrosoft 365の
動きが遅くなってしまうのか?

遅くなる原因の1つは
ネットワーク

SaaSである Microsoft 365はインターネット経由で利用するため、導入後は1ユーザあたりのインターネット向けトラフィックやセッション数が急増します。これによりネットワークの帯域が圧迫され、プロキシやファイヤウォールの負荷が増えるため、社内のユーザのインターネットアクセスが遅くなってしまうケースがあります。

Microsoft 365の動きが
遅くなってしまうケース
Microsoft 365の動きが遅くなってしまうケース Microsoft 365の動きが遅くなってしまうケース

Teamsや、Exchange Onlineを利用することにより、インターネット向けトラフィックが急増。
これまでと同じプロキシやファイヤウォールを経由すると、そこがボトルネックとなり、
「レスポンスが遅い」「通信品質が悪い」といった問題が発生!

Microsoft 365 ネットワークの
課題を解決!

  • EINS WAVE

    統合型閉域
    ネットワークサービス

  • Microsoft Azure
    Peering Service

Microsoft Azure Peering Serviceは、Microsoft 365やDynamics 365、Microsoft Azureなどで構成されるMicrosoftクラウドサービスに対する接続を強化する新しいネットワークサービスです。
TISインテックグループが提供する「統合型閉域ネットワークサービス(EINS/MOW DCAN)」と組み合わせることで、クラウドサービスからエンドユーザまで、信頼性が高く、遅延の少ない最適化されたネットワーク接続を可能にします。

専用線で
Microsoft 365向け通信のみを直結

ボトルネックを回避した接続で
ストレスフリーを実現

閉域ネットワークから専用線で、Microsoftクラウドネットワークにダイレクト接続を行います。Microsoft 365の導入によりボトルネックになる「拠点ネットワーク」「プロキシサーバの性能」「ファイヤウォールの性能」「インターネット回線」「複数ISPの経由」を回避することで、1,000人規模のユーザによるMicrosoft 365の利用時でも、安定した業務環境を提供します。

Microsoft Azure
Peering Serviceを
導入したケース
Microsoft Azure Peering Serviceを導入したケース Microsoft Azure Peering Serviceを導入したケース

Microsoft 365はインターネット接続で利用しますが、インターネットの品質が一定しないため、接続が不安定になったり、セキュリティ上の問題が発生する、といった懸念があります。
こうしたMicrosoft 365へのインターネット経由の接続の不安を解決するのが、Microsoft Azure Peering Serviceです。

すでに統合型閉域ネットワーク
サービスをご利用のお客様なら
迅速な導入が可能

Microsoft Azure Peering Serviceは、統合型閉域ネットワークサービスの機能拡張によって提供します。そのため、すでに統合型閉域ネットワークサービスをご利用されているお客様の場合は、最短で20日程度での導入が可能です。

Teamsの利用ではセキュリティの面でも有効

Teamsの利用では
セキュリティの面でも有効

Teamsの利用ではセキュリティの面でも有効

Microsoft 365のビジネスユーザ向けグループウェアであるMicrosoft Teamsでは、Web会議だけでなく、チャットや業務データなど、社内情報も頻繁にアップロードされます。
テレワーク前提のMicrosoft Teamsのセキュリティ設計では、データ流出を防止する観点で、会社の認めたデバイス以外からの接続を禁止するか、仮想デスクトップ経由で接続する等の対策が考えられます。
Microsoft Azure Peering Serviceでは、ダイレクト接続によりMicrosoft 365へ接続できるネットワーク(出入口・IPアドレス)を限定できるため、より確実な対策となります。

Microsoft 365導入での
ネットワークの課題を
ぜひご相談ください

Microsoft 365を全社導入するというゴールは非常に明確ですが、既存のネットワークへのケアを考慮しないままで進めてしまうと、思わぬ壁にぶつかってしまうことも。私達、TISインテックグループの広域仮想クラウドサービスEINS WAVE(アインスウェーブ)は、ネットワークの知識、複雑な構築を可能にする技術が強みです。働き方改革が加速する今、ネットワークのプロと一緒にMicrosoft 365導入を最短距離で進めませんか?

専用フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ
CONTACT

お問い合わせ
資料請求はこちら