EINS WAVE of Everything

いつでも、どこでも、お客さまに

クラウド・ネットワーク・EDI・セキュリティを中心に、お客さまにとって最適なIT環境をワンストップで提供します。

ネットワークサービス EINS/MOW

DCAN

「お客さま」と「インテックの各種サービス」をプライベート接続する閉域ネットワークサービス

「DCAN」(Datacenter and cloud services – Customer Adapted Network)は、お客さまが保有するIT環境とインテックの各種サービスをプライベート接続する閉域ネットワークサービスです。お客さま拠点と、各地のインテックデータセンターやEINS/SPSシリーズ、EINS/BRS、EINS/EDI-Hub Nexといった各種サービス間のネットワーク統合、拠点ルータの運用管理の一括アウトソーシングに加え、Microsoft AzureやAmazon Web Servicesへのプライベート接続まで、一貫して対応します。

1

機能・特長

  • 回線や機器、運用保守までオールインワン提供

    回線や機器、運用保守まで含めたネットワークサービスを冗長構成で提供し、高い信頼性を確保します。さらにインテック監視センターで24時間365日のネットワーク監視を行い、障害発生時には問題の切り分けから復旧作業まで対応します。

  • 冗長構成による高い信頼性

    回線二重化や機器二重化により高い冗長性を確保するとともに、MPLS技術による経路切替えの高速化や広域にわたるネットワーク冗長性を備えています。さらにアクセス網のキャリア接続点(POI)は地域分散の冗長構成をとっているため、地域災害時においても全体停止せずサービスを継続できます。

  • 低廉な利用料金

    自社網を利用するため、従来のネットワークサービスに比べ、トータルコストを低減できます。特にインテックのデータセンターをご利用のお客さまは、通信キャリアの専用回線と比べて、圧倒的なコスト低減を実現します。

  • インテックの各種サービスとお客さま環境を“直結”

    EINS/VDCシリーズの各データセンター(東京DC、東京第2DC、横浜DC、大阪第2DC、富山DC、万葉DC)や、EINS/SPSシリーズ、EINS/BRS、EINS/EDI-Hub Nexといった各クラウドサービスとお客さま環境を直結します。

  • 豊富な機能で、快適なネットワークを実現

    ◇アクセス回線

    豊富なアクセスメニューから利用回線を選択可能です。

    • ハウジングアクセス

      インテックのデータセンターをご利用いただいているお客さまが、高速・高品質でネットワークに直接接続できます。

    • ハイクオリティアクセス

      通信キャリアの高品質回線で契約帯域をいつでも利用できます。

    • ブロードバンドアクセス

      低コストで広帯域のブロードバンド回線で接続できます。

    • ワイヤレスアクセス

      物理回線不要のワイヤレス回線で接続できます。

    • インターネットVPNアクセス

      世界中のどこからでも、インターネット経由で接続できます。

    • ダイヤルアップアクセス

      特定の端末からのDCAN網へのリモート接続を許可するメニューです。

    ◇ゲートウェイ機能

    インテックの各種サービスやパブリッククラウドとシームレスに接続します。

    • EINS/SPS

      お客さまネットワークとEINS/SPS ManagedやSelfPortalを接続します。

    • EINS/BRS

      お客さまネットワークとEINS/BRSを接続します。

    • EINS/EDI-Hub Nex

      お客さまネットワークとEINS/EDI-Hub Nexを接続します。

    • エクストラゲートウェイ

      異なるVPNグループ同士を接続します。

    • インターネットゲートウェイ

      お客さまネットワークからインターネットアクセスを利用できます。

    • クラウドゲートウェイ

      他社クラウドサービス(Amazon Web Services、Microsoft Azure)とDCANが提供するL3網環境を、閉域で接続します。

    ◇オプション機能

    多様なオプション機能で、お客さま独自のニーズにお応えします。

    • アダプタオプション

      • LAN側ルーティング

        お客さま拠点の配下に接続されたネットワークへのルーティングを行います。

      • HUBポート

        ネットワークアダプタが備えるHUBポートを利用できる機能です。

      • フィルタリング

        お客さま拠点の配下ネットワークに対する通信制限を行います。

      • DHCPサーバ

        お客さま拠点のネットワークアダプタで動的にIPアドレス等を払い出す機能です。

      • DHCPサーバリレー

        お客さま拠点のネットワークアダプタがDHCPリクエストを中継します。

    • アドバンスオプション

      • 優先制御

        お客さま拠点の指定プレフィックスのトラフィックを高優先で転送します。

      • アドレス交換

        拠点の配下ネットワークとVPN網間でアドレス交換を行います。

      • 経路分散

        お客さま拠点の指定プレフィックスのトラフィックを副系回線側で送受信します。

      • ディザスタリカバリ

        お客さま拠点の指定プレフィックスをお客さま操作で別拠点へ振り替えます。

    • ネットワークアダプタ

      ハウジングアクセスでネットワークアダプタを提供します。

    • ラックマウントキット

      ネットワークアダプタをラックマウント可能なキットを提供します。

2

利用シーン

  • プロバイダを介さず、自社拠点間を「安価」に「快適」に接続したい

    従来のネットワークサービスと比較し自社網の利用によりトータルコストを低減可能な料金でご利用可能です。
    特にインテックデータセンターご利用のお客さまとの親和性が高く、通信キャリアの専用回線と比べ、圧倒的なコスト低減を実現します。

  • インテックのデータセンターや各種サービスと、シームレスに接続したい

    インテックのデータセンターや各種サービスと、シームレスに接続したい

    インテックデータセンターをはじめ、EINS WAVE of Everything の上位サービス群であるEINS/SPSシリーズ、 EINS/BRS、EINS/EDI-Hub Nexといったサービスと直結し、クラウドサービスとネットワークを統合します。上位サービス群は複合的にご利用可能で、必要な機能をいつでもネットワークへ組み込むことができます。

  • パブリッククラウドを専用線でつないで利用したい

    パブリッククラウドを専用線でつないで利用したい

    DCANのクラウドゲートウェイにより、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといったパブリッククラウドと簡単に接続できます。

  • モバイル環境からセキュアに自社ネットワークにアクセスしたい

    DCANのリモートアクセス(SSL-VPN)を利用することで、外出先のノートPCやスマートフォンなどからDCANにVPN接続が可能です。SSL-VPN(暗号化通信)とデバイス証明書(端末認証)による二重のセキュリティ対策で、お客さまの情報を強固に守ります。

3

よく一緒に使われるサービス